• seiichikobayashi

Valor


ウイピルを織っている工房へと足を運んだ。

工房と言っても未だ建設が終わっていない小さいコンクリートに囲まれた場所であった。

そのため、部屋の隅にはコンクリートの砂が

詰まった袋が山積みになっていた。

しかも、そこで寝食をしている場所でもあり作業場と寝食をとる場を分ける日本では作業場に向いているかとい

と答えはNOだろう。

しかし、このウイピルを織るのに使う場所は

非常に小さくて狭い。そのため場所は関係ないのかもしれないと見学させてもらって感じた。

実際、どこか引っ掛けるところと糸の長さと幅がスペースとして必要なものであって

この日足を運んだ工房では薄暗い部屋の中の片隅でコツコツと作業していた。

パッとみると簡単そうに淡々と糸を編み込んでいるが非常に複雑な

模様であり間違えないのか注意深く作業を

見ていても間違える

気配がない。

というのも、模様ごとにどのように編み込むか経験から頭にインプットされているらしく

スイスイと進めていく。

全て手織り込んでいくためウイピルを3つに

分けて作業を行っており各部分に約2週間かかりウイピルとして

成り立つには6週間かかる。いわゆる一つのウイピルを作成するのに

6週間かかり値段も

300-450ケッツアル

(25ドルー60ドル)。

単純に考えても

割りの合わない作業を

行っているのだが

そこは、それぐらいの金額があれば

おおよそ1か月生活できてしまうため(贅沢は全く出来ない。)

まかり通ってしまって

いる。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから