• seiichikobayashi

Mercado de San Juan Chamelco


女性の羨望のまなざし

が至るところで見られたのがここ、サンフアンチヤメルコにある小さな市場(メルカド)

女性はやはりどういう人種や位、立場であっても美に対する意識は

相当持っている。

この小さな街の小さな市場でもそれを垣間見れた。

というのも彼女たちが身に付けているウイピル、コルテと呼ばれる

スカートが一種のステイタスを表すものとなっており、その柄や品質によって良いものと悪いもの、または高いものや安いものというように比較できる。

ある女性が品質や柄が

良いウイピルやコルテを身に付けて歩いていると羨望のまなざしを女性へと向ける。

それは、男性が好みの

女性を街かどで見かけたときにするまなざしに近いのではないか?

しかし、違うポイントは異性へではなく同性へのまなざしであること。

ちょっとした街へ出かけるとオシャレをするように彼女たちも同様に少し高めで品質の良いウイピルやコルテを

身に纏い街へと繰り出す。

それなら、いっそのことオシャレコンテストなどがあったら面白いのになあっと個人的に

考えてしまった。

特に彼女たちのウイピルやコルテを見て感じたのがメキシコ同様に色の選択とコンビネーションの良さのセンスには日本人にはないもの。 

やはり、無意識のうちに人に見られている感覚を持っているために

磨かれるのか

それは、サンフアンチヤメルコに住んでいる

彼女たちだけでなく

今回、旅をしていて

見てきて感じたこと

特にパナハッチェル付近に住んでいた女性の

色のセンスが非常に高いと。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから