• skcovita5884

SAN BARTOLOME TLALTELULCO


_MG_4397_edited.JPG

_MG_4366.JPG

この地方の小さな町 SAN BARTOLOME TLALTELULCOへ行ってみた。 というのもこの5月末もしくは6月第1日曜日に行われるSAN ISIDRO LABLADORという農業の豊作を祝う祭りに参加するためで今年で3年目となる。

「祭り」をテーマに地方の小さな町で独特な雰囲気の中で行われるDANZANTEを撮り始めたのも、このSAN BARTOLOME TLATELULCOからである。

 友人であり写真家であるアルゼンチン人のフェルナンドに存在を教えてもらいこの場所を訪れた時の衝撃はハンパなかった。 そして、その後様々な街へ行くことになったが

常に比較対象として存在するのがここである。 

 伝統を守りつつも段々と新しい若い世代の影響を受けつつ次第に新たな価値感を生み出している。しかし、その価値感があまり好ましく思えないでいる。それは、どの祭りでも同様に昔ながらの伝統をひき継ぐものもいるが やはり流れには逆らえないように最新の音楽をかけながら踊り歩く新世代。 昔ながらの伝統的なDANZANTEのグループも

次第に存在感が薄くなってきている印象をうける。それは、ここSAN BARTOLOMEでも同様。 

今後も引き続きこのお祭りを

撮り続けていくが4年目、5年面となるにつれてどういう変化があるのか興味深く感心をもっていたい。

_MG_4366_edited.JPG

_MG_4277_edited.JPG


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから

最近、母国での戦争状態から逃れるため ウクライナ人家族が避難民として日本へ来日し ボランティアを含め様々な団体や自治体を通じて 避難民を受け入れているニュースを見て 素晴らしい事だと思うとともに違和感が芽生えてきた のも正直な感想である。 その理由としては、「公平」「公正」ではなく 受け入れに明確な基準があるわけでもなく 先進国としての受け入れているというパフォーマンス でしかないと捉えることが出