top of page
  • skcovita5884

World Photo Press

以前、お世話になっていたForwarderへコンタクトを取り、海上運賃などの

見積りを依頼したことがキッカケで、日本に帰国する前に一緒に食事した

日本食レストランへ行こうという話の流れになり急遽メキシコシティーへ

足を運ぶこととなった。


約束の時間の4時間前にはメキシコシティーに到着してしまったため

当時メキシコシティー住んでいた時によく行っていた美術館回りを

暇つぶしも兼ねて行ってみた。 写真展を見るうえで代表的な美術館と

言えば、MUSEO FRANZ MAYOR。


今回、足を運んだここFRANZ MAYORでは、WORLD PHOTO PRESS

が展示されていた。以前もここで同じようにWORLD PHOTO PRESSの

作品を鑑賞したのを思い出した。

しかし、丸7年ほど写真展や個展を鑑賞していなかったことや

作品のインパクトさとWORLD PHOTO PRESSへの関心の低さ・無さが

展示されている作品への興味を失わさせていった。

なかには、テーマや置かれている環境や立場に興味を持たせてくれる、

または考えさせてくれる作品はあったものの、以前と比べて非常に少ないと

感じたのは僕だけだろうか?


しかし、写真だけじゃなく他の分野の作品にも目を通して刺激を得ないと

自身の感度が鈍る、新しいトレンドを知り得なくなることから月に1度のペース

ぐらいで定期的にメキシコシティーを訪問してみようと考える。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「存在意義」

彼女との時間で生じていた「笑い」を懐かしく思う日々を今過ごしている。 たった10日間であったが、年末年始の時期にメキシコに足を運んでくれた奥さん 僕の業務上、ホテルに缶詰め状態ではあったものの二人でいれる時間を楽しく 過ごすことが出来たと僕は感じている。 今、住んでいる都市から一番近いリゾート地であるイスタパへ遊びに行ったり メキシコシティにてマリアッチやルチャリブレを観戦したりと 一緒に居れる時

bottom of page