top of page
  • skcovita5884

LIFTSHIFT2 100年時代の行動戦略


LIFE SHIFT2:100年時代の行動戦略は、アンドリュー・スコットとリンダ・グラットンの共著であり、人類の進歩と発明によって変わり続ける世界で、私たちはどう生きるかという問いに答えるための実践本、いわゆるガイドブックである。


1.人類は驚異的な進歩を遂げてきたが、それに伴って新しい問題や課題も生まれているの 

  も事実であることを認識すること。

  新型コロナの感染拡大はその一例であり、私たちの生き方と働き方に大きな影響を

  与えている。

2.私たちは100年生きうる(生きることが可能な)時代に入っており、これまでの生き方

  の常識やステレオタイプはもはや通用しない。

  私たちは自分の人生を設計し直す必要があり、そのためには視野を広げることが

  重要である。

3.100年時代をポジティブに生きるためには、自分の人生のストーリーを紡ぐことが必要

  である。自分の価値観や目標を明確にし、自分らしさを表現することで、自己実現と

  幸福感を高めることができる。

4. また、探索することも大切である。新しいことに挑戦し、学び続けることで、自分の

  可能性を広げることができる。特に大人の学びは、AIやテクノロジーに負けない人間

  らしさや創造性を育むことに役立つだろう。

5.さらに、他者、コミュニティと深い結びつきをつくり出すことも重要である。

  家族や友人だけでなく、コミュニティや世代間の関係も大切にすることで、支え合い

  や共感を得ることができる。

6.100年時代では、個人だけでなく社会も変わらなければならない。

  企業や教育機関や政府は、長寿化や多様化や不確実性に対応するために、柔軟性や

  透明性や協働性を高める必要がある。

7.日本は世界でいち早く長寿化が進んだ国であり、他国のお手本になれる可能性がある。  

  活力と生産性を維持して長い人生を送り、人生の途中で変身を遂げることの重要性を実 

  証することができる¹。

8.しかし、日本もまだまだ課題が多く残っている。特に社会保障制度や労働市場や

  教育制度は、100年時代に適応していない部分が多い。

  これらの制度改革は急務であり、政治的な意思決定が求められている。

9.100年時代では、誰もがライフシフターとなり、自分の人生を自分で選択し判断する

  必要がある。そのためには情報収集や自己分析や計画立案などのスキルが必要である。  

  また、社会的開拓者となり、新しい価値観やライフスタイルを提案し実践することも

  重要である。

10.100年時代は不安や困難も多いかもしれないが、同時にチャンスや可能性も多くあ

   る。私たちはこの変わり続ける世界で光り輝く未来を作り出すことができる。

   そのためには自分自身を信じて挑戦し続けることが大切である。



具体的に私たちは何すべきかは、人それぞれで答えはない。しかし、一般的に言えることとして下記の5つのことを心掛けると良いだろう


  • 自分の人生のストーリーを紡ぐ。自分の価値観や目標を明確にし、自分らしさを表現することで、自己実現と幸福感を高めることができます。

  • 探索する。新しいことに挑戦し、学び続けることで、自分の可能性を広げることができます。特に大人の学びは、AIやテクノロジーに負けない人間らしさや創造性を育むことに役立ちます。

  • 深い結びつきをつくり出す。家族や友人だけでなく、コミュニティや世代間の関係も大切にすることで、支え合いや共感を得ることができます。これは精神的な健康やウェルビーイングにも寄与します。

  • 柔軟性や透明性や協働性を高める。100年時代では、変化や不確実性に対応するために、個人だけでなく社会も変わらなければなりません。企業や教育機関や政府は、長寿化や多様化に適応するために、これらの要素を重視する必要があります。

  • 自分自身を信じて挑戦し続ける。100年時代は不安や困難も多いかもしれませんが、同時にチャンスや可能性も多くあります。私たちはこの変わり続ける世界で光り輝く未来を作り出すことができます。そのためには自分の力を信じて挑戦し続けることが大切です。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page