top of page
  • skcovita5884

Alegre.光と影の間で メキシコの独特なお祭り Vol.5

更新日:2022年4月24日


「Carnaval Zoque Coiteco」ゾケコイテコ カーニバル


Zoque Coitecoカーニバルは、チアパス州にあるトゥストラグティエレス市

から20分の距離に位置し、「Coita」としても知られる

Ocozocoautla de Espinozaの自治体の最も代表的な祭典の1つである。


Ocozocoautlaは、北はテクパタン、南はビジャフローレス、

東はベリオサバル、トゥストラグティエレス、スチアパ、

西はヒキピラスとシンタラパと市境を接している。

ソケ族の民族グループは、古代のオルメカと関係があり、

今日、それらは主にチアパス州、タバスコ州、

オアハカ州、ベラクルス州に散在しており、このカーニバルは、

この地域のアイデンティティを維持する3つの文化、つまりソケ族、

アラブ人、スペイン人の宗教的要素を示している。


このカーニバルでは、ゾケ語で「父の太陽」を意味する

「タジャジジャマ」を称える派手でカラフルな服と様式化された

人間の顔をしたマスクを身に着けた伝統的なバンドとダンサーが集まる。

その儀式は、ムーア人とクリスチャンの間の善と悪の間の闘争を

象徴している。

カーニバルで使用される楽器は、太鼓と24音の葦でソケ族の起源であり、

生命の鼓動と風の口笛を象徴している。



Comments


bottom of page