top of page
  • skcovita5884

CHANGE

退職願を提出し、新たな始まりを歩むための

準備とケジメを付けようとしている。


勿論、この決断は良いものではなく本当に個人的な

ワガママで身勝手な判断であることは承知している。

しかし、全てを捨てて今一度前向きな生活や自分自身を

取り戻すために歩もうと思う。


老後、引退などが見えてきて、安定や安心といったものを

好む年齢に差し掛かったことで自分らしい生き方を模索

した中で ”大きく変化”のあるシフトチェンジを行う。


メキシコへ生活拠点を移すこと。


収入および待遇面は、駐在ではなく現地採用枠であり

ハッキリ言うと最悪である。

現会社での収入より格段に劣るし、何も変化のなく、

時間が流れていくような生活を送る日本での生活の方が

待遇面も含め生活面も断然に良い。

将来が計算しやすく今後の人生のイメージが湧く。


しかし、ココロは何処か違った別のものを求めていたのだろう。

今までは、40歳以上になれば海外で生活していくのであれば

確固たる「信念」がないと厳しいとメキシコで出会った諸先輩らから

教わってきたし、そう思っていた。

それは、今でも正しいと思う。例えば、起業する、「こうなりたい」という

強い想いが必要だと。


ただ僕は、そのような大それた「信念」はない。

強く思っていることは、「異文化の中で異言語で生活する」ことだけである。

ずーっと、その事を考えていたためメキシコに戻る機会は幾分にもあったのにも

かかわらず、何かしら言い訳や思い込みを駆使し一歩も踏み出さずに日本で

生活し続けてきた。


でも、もう最後のチャンス。バリバリ働けるのもあと10年強。

大きく一歩を踏み出してみる。 COVA(コバ)らしく生きていこ。

C Creative

O Original

V Valuable

A Artist(Adventurer)






 

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「存在意義」

彼女との時間で生じていた「笑い」を懐かしく思う日々を今過ごしている。 たった10日間であったが、年末年始の時期にメキシコに足を運んでくれた奥さん 僕の業務上、ホテルに缶詰め状態ではあったものの二人でいれる時間を楽しく 過ごすことが出来たと僕は感じている。 今、住んでいる都市から一番近いリゾート地であるイスタパへ遊びに行ったり メキシコシティにてマリアッチやルチャリブレを観戦したりと 一緒に居れる時

bottom of page