top of page
  • skcovita5884

Alegre. 光と影の間で にほんのお祭り Vol.9



「刈谷万燈まつり」


愛知県刈谷市を代表する「天下の奇祭」。万燈(まんど)と呼ばれる高さ

5メートル、重さ約60キロの竹と和紙で作られた張子人形を若衆が

一人で担ぎ、笛や太鼓のお囃子に合わせて舞い踊る、火難防除、町内安全を

祈願する祭りである。


市内の企業や地区の万燈も参加し盛大に行われ、10数基の大万燈と多数の

子ども万燈が市内を練り歩く。


この「万燈」は、竹と和紙で作られた張子人形を色鮮やかに彩色したもので、

多くは歌舞伎絵や武者をかたどっている。

日が沈み色鮮やかで巨大な万燈に火が灯され、真夏の宵闇に浮かぶ万燈が

舞い踊る様子は、実に迫力があり、観る人等の心を魅了する。





最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page