top of page
  • skcovita5884

Alegre.光と影の間で にほんのお祭り Vol.3

更新日:2022年4月24日


「加勢鳥」


『ケンダイ』という藁蓑をかぶった若者に手桶から祝いの水をかけ、

五穀豊穣や商売繁盛などを祈る、江戸時代初期から伝わる上山市伝統の

民俗行事である。

加勢鳥は、五穀豊穣・家運隆盛をもたらす歳神様の来訪行事で

「小正月に遠い土地からやってくる神の声によって一年の

豊かさを祝う」という信仰から生まれたとされる。


ケンダイ頭部に新しい手ぬぐいやタオルを巻き、一年の家内安全

商売繁盛、火の用心、五穀豊穣を祈願する。


町の各商店、旅館などでは商売繁盛、火の用心を願って加勢鳥

に向かって水をかけます。





最新記事

すべて表示
bottom of page