• skcovita5884

啓蒙

僕が好きな作家である「薬丸岳」の少年犯罪をテーマにした作品を読んだときに

感じた「罪を犯したあとの形見の狭い生き方」や「実名報道されないまでも

ネットでの誹謗中傷」、「好奇心から来る犯罪者探し」、「加害者家族への

誹謗中傷」、「加害者側の家族の崩壊」、そして「被害者側の家族関係崩壊」

「喪失感、憎悪、許せなさ」などなど 

上記のことを改めて思い起させる出来事が下記の改正である。


https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE177RF0X10C21A5000000/



改正少年法が成立し2022年春から施行という形となった。

2015年に選挙権や民法での成人年齢を20歳から18歳と引き下げられたこと

で少年法では20歳未満のままとなっていたため、整合性の問題を指摘されていた。

18歳、19歳を「特定少年」とし「特定の規定」を設けたことにより

17歳以下と18歳、19歳の「特定少年」を区別し線引きをした。

いわゆる、18歳、19歳を準成人というような位置づけにしたように思える。

現在の法律では、報道規制について20歳未満での事件を犯した場合には、

本人が特定されるような掲載や報道は禁止となっているが、

改正された法案では、特定少年18歳、19歳については起訴された段階で

現行法の報道規制の解除となった。

しかし、疑問はこの変更点に関し該当者である高校3年生に対する説明を誰が

行うのか? 学校?それとも自分自身? 改正があったことさえ知らない

無知な該当者も多数いるはず。 改正を受けて該当者への自覚を促す

啓蒙活動はしていくべきではないだろうか?


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Una Cifra Significativa 不名誉な数値

日本では、児童(高校生まで)の自殺数が2020年度の1年間で415人という不名誉な数字を 叩きだしてしまった。理由は様々であるが2019年度の1年間と比較すると100人も多く コロナによる家庭環境の変化、親の経済状況の変化などが大きく影響しているとみられ、 それと同時にSNSによる陰湿なイジメなどもその要因のひとつであると考えられる。 さらに、30日以上にも及ぶ不登校をしている児童数も19万人にも

人間として

人間として 2007-01-30 19:48:36 テーマ:ブログ 仕事帰り地下鉄で帰る最中での出来事である ある駅で車椅子に乗ったお年寄りを妻である方が電車に乗ろうと後ろから押している だが、段差でタイヤがなかなか動かない それを、僕を含めて電車の中からその様子を見ていた が、誰も助けようとせず 我関せずみたいに座席に座っている 見かねた車掌さんが後ろから力強く押して何とか中に入れたんだけど