top of page
  • seiichi kobayashi

Karatsu Kunchi 唐津くんち


博多から地下鉄などを乗り継いで唐津駅に到着したのはちょうど10時ごろ。駅の改札口には既にたくさんの方がこのお祭りを楽しみに足を運んでいる方で賑わっていた。 駅員の「お帰りの際は混雑が予想されるので帰りの切符をお買い求めてください」というアナウンスが

至るところで叫ばれていた。 改札を通り抜けて駅を出ると既に屋台が立ち並び仕込みなどが行われている状況であった。 

とにかく思った以上に人が多くこの地域では有名なお祭りであることこの状況を見て理解できた。

この「唐津くんち」はユネスコ無形文化遺産として登録されており、地元の方だけでなく地方からも来られる方も多く

さらには外国人の方も複数見られ、祭りの大きさや有名度が計り知れた。

「くんち」とは「供日」と書き、収穫感謝の意があり、「宮日」とも書かれたところから神社祭礼の日を表すともいわれている。

「ヤマ」(曳山)と呼ばれる車がついた台車の上に各町が趣向を凝らした作り物を乗せて勢いよく引き回し、ヤマを囲む50名以上の

は「エイヤー、エイヤー」っと大声をかけながら町内を駆け巡る。

14台のヤマは赤獅子、青獅子、浦島太郎、源義経の兜、鯛、鳳凰丸、飛龍、金獅子、武田信玄の兜、上杉謙信の兜、源頼光の兜、珠取獅子、鯱、七宝丸。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

有休消化に入り1週間が経ち、今後のやるべきことを少しずつ 明確に記して実行に移している。 そんな中、離職票がそんなに必要な書類であることを全く理解していなかった ことを自分で恥じるべき事であった。 退職する旨を総務に伝えた際に、確認事項として離職票は要らないよね?っと 問われ、全く深く考えず、言っている意味すら理解していないながらも 要らないですと答えてしまっていた。 当然、その言葉を聞いた担当者

このタイミングで以前勤めていた会社でインドへ出張へ行き お世話になったサプライヤーのオーナーからメッセージを受け取った。 メッセージには、今度、日本へ行く予定なんだけどと書かれており 目的は会社訪問と観光地を回るというシンプルだけど、 観光地を周る際に一緒に行ってほしいと伝えられてしまった。 いつ行く予定で考えているのかと確認すると4月であると。 4月、5月と時間は空いているため、可能ではあるが

退職願を提出し、新たな始まりを歩むための 準備とケジメを付けようとしている。 勿論、この決断は良いものではなく本当に個人的な ワガママで身勝手な判断であることは承知している。 しかし、全てを捨てて今一度前向きな生活や自分自身を 取り戻すために歩もうと思う。 老後、引退などが見えてきて、安定や安心といったものを 好む年齢に差し掛かったことで自分らしい生き方を模索 した中で ”大きく変化”のあるシフト

bottom of page