top of page
  • seiichi kobayashi

おわら風の盆 2019 Owara Kaze no Bon


ふんわりとした光が提灯からこぼれ落ち、真っ暗な道に僅かながらの彩りを付ける。

等間隔に置かれた提灯から灯される彩りが道沿いにある街並み、家、姿を僕たちの目に

映し出し、 様々なカタチをした影が地面へと映し出される。

街灯のない(少ない)この小さな町は、提灯による淡い灯により昭和を思い立たせる雰囲気を

十分に醸し出し時間を巻き戻させ歩の進みを遅らせる。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「存在意義」

彼女との時間で生じていた「笑い」を懐かしく思う日々を今過ごしている。 たった10日間であったが、年末年始の時期にメキシコに足を運んでくれた奥さん 僕の業務上、ホテルに缶詰め状態ではあったものの二人でいれる時間を楽しく 過ごすことが出来たと僕は感じている。 今、住んでいる都市から一番近いリゾート地であるイスタパへ遊びに行ったり メキシコシティにてマリアッチやルチャリブレを観戦したりと 一緒に居れる時

bottom of page