• seiichi kobayashi

おわら風の盆 2019 Owara Kaze no Bon


ふんわりとした光が提灯からこぼれ落ち、真っ暗な道に僅かながらの彩りを付ける。

等間隔に置かれた提灯から灯される彩りが道沿いにある街並み、家、姿を僕たちの目に

映し出し、 様々なカタチをした影が地面へと映し出される。

街灯のない(少ない)この小さな町は、提灯による淡い灯により昭和を思い立たせる雰囲気を

十分に醸し出し時間を巻き戻させ歩の進みを遅らせる。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから