• seiichi kobayashi

Awaodori 2019 阿波踊り2019


暑い日差しを受けながら、カメラマンが立ち並ぶ後方に脚立を準備して場所を陣取る。

第1部が開始する約1時間前には、各蓮が踊りを終えてはけていく場所に陣取ったが、既にワンさかカメラマンや

見物客がおり狭い場所に人が密集し1部が開催されるのを待っていた。 そのためか、より暑く感じてしまい

撮影する前から、Tシャツは汗でだくだくになり脚立に乗りっぱなしの状態で足が攣りそうになるほどであった。

今回で3回目となる阿波踊りの撮影。前回までの2回は、第1部を会場で撮影しその後は会場近くの道路で踊る

蓮を撮影していたが、今回は1、2部ともに会場にて撮影に臨んだ。 しっかりと各連の踊りを会場で観たのは

今回が初めてのため、各連の良さや踊り、動きのキレがシャッターを切りながらも分かりとても楽しかったのが

印象であった。(企業蓮は、アウト!!)

毎年のことだが、この阿波踊りを盛り上げるために芸能人も参加して会場を盛り上げていた。

びっくりするのが、手を抜いて踊っている芸能人がいなかったこと。 汗だくになりながら踊っており(勿論お酒は飲んでいるだろう)

最後まで蓮の一員として敬意を表しながら踊っていたのが印象的であった。

水野真紀さん、堀江貴文さん、清水富美加さん(幸福の科学)、彦摩呂さん、そして全然目立たなかった

アンジャッシュの児島さん。 そのほかにも数名参加していましたが名前が出てこず。

しかし、児島さんは普通に蓮の一員のような存在でしたのには笑ってしまいました。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから