• seiichi kobayashi

なまはげ Namahage


激しい寒気に覆われた北海道、東北は前日から雪が降り、道路や家々を覆いつくしていた。

その影響もあり、当日名古屋から飛ぶ飛行機は搭乗前アナウンスで「秋田便は雪の影響で引き返す可能性がある」と

既に伝えていた。 正直、そのアナウンスを聞いた途端行く気が失せ引き返すつもりであった。 

しかし、そんなアナウンスがあったにもかかわらず搭乗口に並ぶ3連休を楽しむ観光客が並んでいるのを見て

並ぶだけ並んでみようと思いなおし、彼らの後ろに並んだ。荷物検査を通り、飛行機に乗る際にも注意事項として

現地の雪の影響、空港の受け入れ態勢によっては引き返すことを伝えられた。

案の定、1時間で到着する予定であった秋田空港は除雪作業が遅れており空港周辺で40-50分ほど待機したのち

少しずつ高度を下げ秋田空港へと降り立った。 窓から眺める景色は白一色で飛行機から空港ビルまで歩いている際に

柔らかい雪が顔にまとわりつく。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから