• seiichi kobayashi

なまはげ Namahage


激しい寒気に覆われた北海道、東北は前日から雪が降り、道路や家々を覆いつくしていた。

その影響もあり、当日名古屋から飛ぶ飛行機は搭乗前アナウンスで「秋田便は雪の影響で引き返す可能性がある」と

既に伝えていた。 正直、そのアナウンスを聞いた途端行く気が失せ引き返すつもりであった。 

しかし、そんなアナウンスがあったにもかかわらず搭乗口に並ぶ3連休を楽しむ観光客が並んでいるのを見て

並ぶだけ並んでみようと思いなおし、彼らの後ろに並んだ。荷物検査を通り、飛行機に乗る際にも注意事項として

現地の雪の影響、空港の受け入れ態勢によっては引き返すことを伝えられた。

案の定、1時間で到着する予定であった秋田空港は除雪作業が遅れており空港周辺で40-50分ほど待機したのち

少しずつ高度を下げ秋田空港へと降り立った。 窓から眺める景色は白一色で飛行機から空港ビルまで歩いている際に

柔らかい雪が顔にまとわりつく。


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Una Cifra Significativa 不名誉な数値

日本では、児童(高校生まで)の自殺数が2020年度の1年間で415人という不名誉な数字を 叩きだしてしまった。理由は様々であるが2019年度の1年間と比較すると100人も多く コロナによる家庭環境の変化、親の経済状況の変化などが大きく影響しているとみられ、 それと同時にSNSによる陰湿なイジメなどもその要因のひとつであると考えられる。 さらに、30日以上にも及ぶ不登校をしている児童数も19万人にも