• seiichi kobayashi

TAKAYAMA MATSURI 高山祭り


山、鉾、屋台行事がユネスコ無形文化遺産に登録さら、世界から注目される高山祭り。

そのため、様々な国の方々が

足を運んでいた。

春の「山王祭」と秋の「八幡祭」のふたつを指す総称として

「高山祭」と呼ばれ300年以上の歴史がある。

毎年4月14,15日に行われる「山王祭」は、国の重要有形民俗文化財でもある12台の屋台を曳き揃え、祭行列などが繰り広げられる。

特に御巡幸(祭行列)は

獅子、闘鶏楽、裃姿の警護などの装束をまとった約300名が時代絵巻さながらに町を練り歩くのは一見の価値あり。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから