• seiichi kobayashi

HOUNENSAI 2018 豊年祭 田縣神社


愛知県小牧市に位置する

田縣神社では、祭礼行事として行われる豊年祭が毎年3月15日に執り行われる。

このお祭りは子孫繁栄と五穀豊穣を祈願するものであるが、性器崇拝の奇祭としても有名で海外からも注目を集めており、国内だけでなく様々な国の方がカメラや携帯を片手に長さ2m直径50cm余りの木製丹塗りの大男茎形の神輿を見ようと集まる。

Una de Las Festividades Japonesas muy extrañas es

"Hounensai".

Esta Festividad se celebra en

Santuario Tagata que està

ubicado en Komaki

(Prefectura Aichi)

el dia 15 de marzo.

Como una festividad "Culto Genital" es muy famoso tanto los japones como los extranjeros por el pene grande echo de madera y 2 m de longitud y ancho 50 cm.

El motivo de esta festividad es

buena cosecha y prosperidad de los descendientes.

Se dice que se embarazara en futuro cercano si mujer toca este pene grandote.

#豊年祭 #お祭り #fiesta #festividadjaponesa #pene #田縣神社

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから