• seiichikobayashi

Orgullo 職人


「頑固」「無口」「短気」「思いやり」「情」

職人というと文頭にあげた言葉が出てくる。

今の時代に沿っていない生き方なのかもしれない。

でも、そこに「味」がある。そう感じるのは、少なからず

10年近く昭和という時代を歩んできたことも

影響しているだろう。 

ファインダーから覗く被写体である彼の姿は

こちらを見ることもなく

代々何百年と続く平屋の建物の中のいつもの一角で

いつも通り淡々と作業をこなしている。

頑なに守り続ける昔ながらの伝統的な操法で

黙々と働き続けるオヤジ。

一見、見た目怖そうな風貌であるが

その奥にある瞳はやさしさを物語っている。

それは、古き良き昭和の時代を思い浮かべさせる

風景のひとつであるかのような錯覚を僕自身に

与えてくれる。

僕の空っぽなココロを満たしてくれるのは

もしかしたら、今の時代と逆行するかのような

世界に身を置いて生活することなのだろうか。

凸凹であること、個性があることが当たり前、

没個性、均一化された社会、そして均一化された人間が

創られていく現代とは真逆である世界に。


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから