• seiichikobayashi

Workshop in Peru with Sebastian Suki


以前から誘いを受けていたPHOTOGRAPHY WORKSHOPへ参加したのが9月中旬。

以前参加した友人から

彼のワークショップは

非常に勉強になると伝え聞いていたので

会社を辞めたついでに

参加を申し出た。

彼の名はSEBASTIAN SUKI BELAUSTEGUI

アルゼンチン出身

PHOTOGRAPHY IS

PAINT WITH LIGHT

このフレーズを聞き

はっとしたことを

覚えている。

ボク個人として今回の

ワークショップに参加したのは、写真の中に

ARTっていう意味合いをもたらしたかったからである。 

今までフラッシュをたきARTっていう意味合いではなく記録っていう意味合いが強かった撮影方法から脱却したかった。

ありえないことだけど基本的な事である

光を見ることすら

忘れていたのも本音である。

そのため、忘れていたものを取り戻させてくれ、さらに

写真にARTの意味合いをもたらしてくれさせる撮影方法を教わったのが今回のワークショップであった。

それ以外にも訪ねる先々で出会う現地住民の生活環境のレベルや生き方などを目にするたびに自分たちの生活

とのギャップと裕福さに驚く。

不自由な生活をしているけど、何かしら

笑顔で声をかけてくれ

楽しそうにしている

姿をみると、自分たちはどう見えるのだろうと考える。

物があまりある世界にいる僕たちは、彼らの世界から何を学びとり

何を伝えて教訓にしていくのか改めて考えなおすきっかけとなった。


37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Una Cifra Significativa 不名誉な数値

日本では、児童(高校生まで)の自殺数が2020年度の1年間で415人という不名誉な数字を 叩きだしてしまった。理由は様々であるが2019年度の1年間と比較すると100人も多く コロナによる家庭環境の変化、親の経済状況の変化などが大きく影響しているとみられ、 それと同時にSNSによる陰湿なイジメなどもその要因のひとつであると考えられる。 さらに、30日以上にも及ぶ不登校をしている児童数も19万人にも