• seiichikobayashi

民族村 チェンライ(タイ)


ラオス北部からタイへ入国し国境からバスで2時間の場所にある

街、チャンライに到着。

ミャンマーからの迫害を受けてタイへと国境を越えて移動し生活している首長族として有名なカレン族を観に来た。

既に様々なグループが経済的に貧窮している彼らをサポートしており、その一環が

民族村である。

観光客からの入場料収入と彼らの手作りの民芸品販売収入により生計を立てている。

そのためか、片言の英語や日本語での対応もこなし観光客慣れしている。

しかし、生活状況は相変わらずと言ったところだろう。売上に関しても観光客次第であり売上次第であるため

彼らが実際住んでいる

場所を覗いてみると

ガスなし、電気なしの

生活を強いられ竹や木を組み合わせて作られた高床式住宅は非常に脆いため足の踏み場がないほどであった。

首長族で

有名なパデュン カレン族

インドルピーなどの硬貨をつけた民族衣装が

有名なアカ族

お祭りや旧正月にしか

民族衣装を身につけない リス族


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから