• seiichi kobayashi

Tigrada en Chilapa Guerrero


街が黄色一色。

黄色の波がセントロ中心街を取り囲むかのよのように流れていくような感覚に陥る。

それぐらい、黄色いトラ、ジャガーの衣装とマスクを被ったchilapa住民とそれ以外の近郊の街からも参加しておりおおよそ2,300人もしくはもう少し多い人数が小さな街へと流れ込んできた。

その中には成人男性だけでなく年老いた方や小さな子供まで黄色い衣装を身に纏い街を練り歩く。

今回、足を運んだのはゲレーロ州にある田舎町、チラパ(chilapa)にてティグラーダ(tigrada)と呼ばれるトラ、ジャガーの仮面と衣装を身に纏い街を歩くイベントの撮影に参加した。

このイベントの目的は、神へ雨を恵み豊作を祈願する意味を持つこの地方にある独特な習慣である。

木を彫って作ったものや段ボールから作ったものや材質、カタチも様々な仮面を身に付けて街を一周しセントロへ向かうもので

街中が黄色の世界へ変貌する。

腰や手にはこの地方独特の味わいのあるメス

カルを持ち参加者同士もしくは見学者へと配り飲みながら歩きを進める。

道を囲むように住民と観光客がカメラや携帯を片手にムキになりつつ一生懸命手を伸ばして歩いていく踊り子達に向けてシャッターを

切る。 

それでも、黄色い波は

ゆっくりとであるが

確実に歩みを進めていく。


閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから