• seiichi kobayashi

San Isidro Labrador en San Bartolome Tlaltelulco


トルーカのバスターミナルからタクシーで15分ぐらいの場所にあるmetepecに近い、「San Bartolome Tlaltelulco」という非常に言いづらい名前の小さな田舎町で行われたSan Isidro Labradorのお祭り。このお祭りも他のお祭り同様に豊作を祈願するお祭りで

様々なDanzanteを見ることが出来る面白い場所と化している。

次の世代へと引き継がせるために伝統的な衣装を身に纏いトランペットやドラムが刻むリズムを感じながら踊る親子の姿。

その一方、新たな世代のグループも参加し

年々それが増す一方である。それは、伝統的な習慣に新たなメスを入れるような形となるが、毎年この場所に来てこのお祭りを撮影者として観覧者として観てきているが

年々興味を削がれるのが彼らの存在でもある。これは、あくまで個人的見解であるが

未だに残るメキシコの田舎風景。、ミルパ(伝統的な農業方法)が残りレンガが壊れかけていたりしている

錆びついた感じの風景に現代的な(映画やアニメの主人公など)コスチュームを身に纏い

グループで踊る姿には

違和感を非常に感じる。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから