• seiichi kobayashi

San Isidro Labrador en San Bartolome Tlaltelulco


トルーカのバスターミナルからタクシーで15分ぐらいの場所にあるmetepecに近い、「San Bartolome Tlaltelulco」という非常に言いづらい名前の小さな田舎町で行われたSan Isidro Labradorのお祭り。このお祭りも他のお祭り同様に豊作を祈願するお祭りで

様々なDanzanteを見ることが出来る面白い場所と化している。

次の世代へと引き継がせるために伝統的な衣装を身に纏いトランペットやドラムが刻むリズムを感じながら踊る親子の姿。

その一方、新たな世代のグループも参加し

年々それが増す一方である。それは、伝統的な習慣に新たなメスを入れるような形となるが、毎年この場所に来てこのお祭りを撮影者として観覧者として観てきているが

年々興味を削がれるのが彼らの存在でもある。これは、あくまで個人的見解であるが

未だに残るメキシコの田舎風景。、ミルパ(伝統的な農業方法)が残りレンガが壊れかけていたりしている

錆びついた感じの風景に現代的な(映画やアニメの主人公など)コスチュームを身に纏い

グループで踊る姿には

違和感を非常に感じる。


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Una Cifra Significativa 不名誉な数値

日本では、児童(高校生まで)の自殺数が2020年度の1年間で415人という不名誉な数字を 叩きだしてしまった。理由は様々であるが2019年度の1年間と比較すると100人も多く コロナによる家庭環境の変化、親の経済状況の変化などが大きく影響しているとみられ、 それと同時にSNSによる陰湿なイジメなどもその要因のひとつであると考えられる。 さらに、30日以上にも及ぶ不登校をしている児童数も19万人にも