top of page
  • seiichikobayashi

Suchiapa Corpus Christi

更新日:2022年1月10日


久しぶりに撮影旅行へと足を運ぶ。 目的地は1月にfiesta grandeが行われたchiapa de corzoとsuchiapaである。 お祭りの写真だけでなく、あるプロジェクトを並行して写真活動を行っている。

それは「orgullo」というテーマで、人々から既に価値を認められなくなった もしくは認められなくなりつつ仕事、作業に従事している方々にインタビューしたり作業の撮影をおこなっている。

今回は、1月に来た際に知り合った方々の中でfiesta grandeに参加するdanzante Para Chicosのマスクを作っている方がいることを思い出した。

その事がきっかけで失礼のないよう事前にコンタクトを取り撮影とインタビューの許可を貰い今回撮影に挑んだ。

とある丸太を拾ってきたり譲りうけたりし

そこから、頭の中にあるイメージを基に木を刻んでいく。

何か月もかけ本当にびっくりするような作品に仕上げる技術は他を圧倒するほど素晴らしい芸術作品である。

しかし、残念ながら時間をかけてじっくり愛情と魂を込めながら作業にあたって得る

収入は本当に微々たるものである。

chiapa de corzoでは複製ではなくオリジナル作品を作成する木彫り師は彼らしかいないという。それだけ希少価値の高いものであるものの安く買い叩かれてしまう。 そういった状況を踏まえても彼らはお金以上に価値あるもの「誇り」を求め毎日こつこつ木を彫り進める。

翌日はchiapa de corzoから30-40分山奥へ入ったsuchiapaへ足を運んだ。理由はcorpus christiというお祭りがあったから。

豊作を祈願する踊り「danza del Calalá」は

tenosique のdanza de pochoのようにかなり変わったdanzaである。それは、何かゲームをしているかのようにも見えるdanzaである。

 (tigre)虎のかたどったコスチュームを着たdanzanteは膝をついて縦列に整列する姿は

メキシコじゃないみたいと感じるほど連携が整っている。

 踊りながら鞭を打ち付ける馬をかたどったコスチュームを身につけるdanzante.

 地元の土を水と混ぜ合した泥を顔に塗り踊るDanzante.



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワールドカップが始まり、日本代表が強豪国ドイツやスペインに勝ったことで 日本代表の活躍が日本中で話題になっている。 それと同時にドイツ代表が試合前に見せた抗議を示す口を塞ぐポーズを 取ったことがメディアで取り出された。 今回のワールドカップ開催国カタールにおける人権に対する様々な問題(労働者の劣悪な作業環境により死亡したとされる人数3500名にも上る、LGBT+Qに対する対応、女性に対する人権)に

bottom of page