• seiichi kobayashi

Danza de pochò en Tenosique


今年、2016年メキシコのお祭り写真撮影の旅第2弾

として行った目的地はTENOSIQUE。

メキシコの隣国グアテマラとの国境に近い本当に小さな街である。 

実は去年も同じ時期に撮影に来た場所であるが非常に

興味深いDANZAが

あり引き続き撮り続けていきたいと

思い、今回も撮影に臨んだ。 

朝一番の飛行機で

ビジャエルモッサへ行き、そこから

バスにて3時間の道のり。

バスから眺める景色は木々が生えしのぎ緑一色。そのど真ん中に1本の道が通っている形でバスも凄いスピードで駆け抜けていく。

メキシコでは滅多にない3連休を利用して行ったため

着いた当日は遅くついてしまったため、特に何かするわけでもなく街を散歩する程度で

食事もタコス以外

本当に何もなく

仕方なくそれを食べる程度であった。 

翌日の日曜日、朝9時過ぎから

このお祭りをまとめている方の家に

集まり準備をし始める。 

乾いた葉っぱに

油っぽい液体を

吹き付け、湿った

葉を結び合わせ

膝下に取り付け始める。

その後、若い葉を

ロープみたいな紐に葉の茎を網目に

差し込んだ直径約3メートルぐらいのものを2人掛かりで腰に巻きつけ

ていく。

JAGUAR役の方は

小麦粉、卵、水を混ぜた液体を体中に塗り付け乾き始めたら炭を溶かした

黒い液体を木、もしくは葉の茎につけハンコを打つようにJAGUARを表現するような模様を体につけていく。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから