top of page
  • seiichi kobayashi

San Judas 2015


毎月28日 San Judas Tadeoの偶像を手に持ちメトロイダルゴ駅前にあるsan hipolito教会に

巡礼をしに来る。

その数は数えきれないほどである。

老若男女問わず様々な方々が

わざわざ遠くから巡礼に来るほど。

しかし、そこには純粋な巡礼者もいればそうでは

ないような若者たちも教会付近の至るところに

いるのも事実である.

この28日には教会前には出店が並び、タコスやバルバコアとかメキシコの伝統的な食事で提供される。

その料理の独特な匂いや教会前にある小さな広場にたむろう浮浪者が発する異様な臭い、ところどころにある糞や尿の臭い、若者がこよなく愛すインナーの臭い、タバコかわりに若者たちが吸うマリファナの臭いがミックスされ

なんとも言えない非常に独特でクサい臭いを発している。

この臭いのミックスさがメキシコ文化や習慣を強調しているのではないかと個人的には

感じている。

様々な要素を取りいれながら

別のものへと変貌、変化させることに長けてるメキシコ文化は「融合」というキーワードが非常にうまく合っている。 味覚、聴覚、視覚

味に始まり、音、そして色の

コンビネーションは絶妙である。 僕はメキシコは「mixco」と名乗るべきであると考えている。

judas tadeoの偶像と教会外での行いのミスマッチ、コントラストが非常に興味深く2年ほどこのプロジェクトを続けている。さらに時代や流行の変化に よる「変わるもの」と「変 わってはいけないもの」の 違いを継続的に撮影するこ とにより時系列で表現でき るのではないかと考えてい る。

#sanjudastadeo #SanHipolito

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

有休消化に入り1週間が経ち、今後のやるべきことを少しずつ 明確に記して実行に移している。 そんな中、離職票がそんなに必要な書類であることを全く理解していなかった ことを自分で恥じるべき事であった。 退職する旨を総務に伝えた際に、確認事項として離職票は要らないよね?っと 問われ、全く深く考えず、言っている意味すら理解していないながらも 要らないですと答えてしまっていた。 当然、その言葉を聞いた担当者

このタイミングで以前勤めていた会社でインドへ出張へ行き お世話になったサプライヤーのオーナーからメッセージを受け取った。 メッセージには、今度、日本へ行く予定なんだけどと書かれており 目的は会社訪問と観光地を回るというシンプルだけど、 観光地を周る際に一緒に行ってほしいと伝えられてしまった。 いつ行く予定で考えているのかと確認すると4月であると。 4月、5月と時間は空いているため、可能ではあるが

退職願を提出し、新たな始まりを歩むための 準備とケジメを付けようとしている。 勿論、この決断は良いものではなく本当に個人的な ワガママで身勝手な判断であることは承知している。 しかし、全てを捨てて今一度前向きな生活や自分自身を 取り戻すために歩もうと思う。 老後、引退などが見えてきて、安定や安心といったものを 好む年齢に差し掛かったことで自分らしい生き方を模索 した中で ”大きく変化”のあるシフト

bottom of page