• seiichi kobayashi

San Judas 2015


毎月28日 San Judas Tadeoの偶像を手に持ちメトロイダルゴ駅前にあるsan hipolito教会に

巡礼をしに来る。

その数は数えきれないほどである。

老若男女問わず様々な方々が

わざわざ遠くから巡礼に来るほど。

しかし、そこには純粋な巡礼者もいればそうでは

ないような若者たちも教会付近の至るところに

いるのも事実である.

この28日には教会前には出店が並び、タコスやバルバコアとかメキシコの伝統的な食事で提供される。

その料理の独特な匂いや教会前にある小さな広場にたむろう浮浪者が発する異様な臭い、ところどころにある糞や尿の臭い、若者がこよなく愛すインナーの臭い、タバコかわりに若者たちが吸うマリファナの臭いがミックスされ

なんとも言えない非常に独特でクサい臭いを発している。

この臭いのミックスさがメキシコ文化や習慣を強調しているのではないかと個人的には

感じている。

様々な要素を取りいれながら

別のものへと変貌、変化させることに長けてるメキシコ文化は「融合」というキーワードが非常にうまく合っている。 味覚、聴覚、視覚

味に始まり、音、そして色の

コンビネーションは絶妙である。 僕はメキシコは「mixco」と名乗るべきであると考えている。

judas tadeoの偶像と教会外での行いのミスマッチ、コントラストが非常に興味深く2年ほどこのプロジェクトを続けている。さらに時代や流行の変化に よる「変わるもの」と「変 わってはいけないもの」の 違いを継続的に撮影するこ とにより時系列で表現でき るのではないかと考えてい る。

#sanjudastadeo #SanHipolito

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから