• skcovita5884

San Judas


_MG_4987_edited.JPG

久しぶりにSan Judasに参拝する方々を写真に収めた。

今回で何回目だろう? この場所を訪ねるのは。 多分10数回は訪れているはず。

そんな中、今回初めて全く関係ない人からお叱りを受けて

退散しなくてはいけない事態に

なった。

この2人組の写真を撮っている最中にいきなり「何しているんだ?」っとあるオッサンが近づいてきた。しかも、最初は彼ら2人組に聞きにいき、その後僕のほうに近づいてきて、もう帰ってくれと言ってきた。

何故かよく分からなかったものの想像すると彼ら2人はシンナーを吸っており(だから、写真に収めた)San Judaのイメージを壊す恐れがあるから

彼らに対して怒り、僕に対しても「危ないから」っというもっともらしい理由を言い放ってきた。

_MG_4980_edited.JPG

宗教を信じる、信仰することと

普段の行いの良し悪しは切り離して考えているのだろうか?

本来なら一致していなければならないのではないだろうかと個人的には思う。

確かにオッサンの考えはもっともであり自分が信仰する宗教を悪く思われたくない。

だから、信仰しながらも人間としてやってはならないシンナーを吸って意識障害を起こして

いる彼らをどうにかしたかったのだろう。写真に撮られて世間にそれを知らされたくなかったのだろう?

_MG_4970_edited.JPG

_MG_4974_edited.JPG


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから