top of page
  • seiichi kobayashi

Marcha Gay 2015


毎年6月恒例の行事 "Marcha Gay"(ゲイ パレード)

今年は、非常に注目されることとなった。

始まるまえから多くの見物客がパレードを行うメインストリートを覆うように列をなして

今かとパレードが進むのを待ち望んでいた。

 というのも、この行事の前日にこれまで一部の州でしか合憲でなかった同姓婚をアメリカ最高裁にて同姓同士の婚姻を合法と認めた採決を下した。

これによりアメリカ全州にて同姓婚が

合法を認められた。

これにより同姓愛者にとって大きな、大きな意味のある一歩を全世界に向けて発信された形となった。 

 そして、今回行われたパレードでは比較的目立った衣装を身にまとっていた方が少なかったように感じたのは僕だけだろうか?

特にそのような格好をした方に興味がなかっただけということも言えるが。

 今回も出来る限り"そう見えない"もしくは最近目覚めたような人にフォーカスを当てて撮影を行った。 

 まだ、表だって自分を表現できない人と言えばよいのか出来る限りあまり目立たないような人に向けてシャッターを切った。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「存在意義」

彼女との時間で生じていた「笑い」を懐かしく思う日々を今過ごしている。 たった10日間であったが、年末年始の時期にメキシコに足を運んでくれた奥さん 僕の業務上、ホテルに缶詰め状態ではあったものの二人でいれる時間を楽しく 過ごすことが出来たと僕は感じている。 今、住んでいる都市から一番近いリゾート地であるイスタパへ遊びに行ったり メキシコシティにてマリアッチやルチャリブレを観戦したりと 一緒に居れる時

bottom of page