• seiichi kobayashi

Marcha Gay 2015


_MG_4899_edited.JPG

毎年6月恒例の行事 "Marcha Gay"(ゲイ パレード)

今年は、非常に注目されることとなった。

始まるまえから多くの見物客がパレードを行うメインストリートを覆うように列をなして

今かとパレードが進むのを待ち望んでいた。

 というのも、この行事の前日にこれまで一部の州でしか合憲でなかった同姓婚をアメリカ最高裁にて同姓同士の婚姻を合法と認めた採決を下した。

これによりアメリカ全州にて同姓婚が

合法を認められた。

これにより同姓愛者にとって大きな、大きな意味のある一歩を全世界に向けて発信された形となった。 

 そして、今回行われたパレードでは比較的目立った衣装を身にまとっていた方が少なかったように感じたのは僕だけだろうか?

特にそのような格好をした方に興味がなかっただけということも言えるが。

 今回も出来る限り"そう見えない"もしくは最近目覚めたような人にフォーカスを当てて撮影を行った。 

_MG_4860_edited.JPG

 まだ、表だって自分を表現できない人と言えばよいのか出来る限りあまり目立たないような人に向けてシャッターを切った。

_MG_4920_edited.JPG

_MG_4851_edited.JPG

_MG_4843_edited.JPG


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから