• skcovita5884

San Isidro en San Francisco Coaxusco


_MG_4533_edited.JPG

_MG_4576_edited.JPG

今日が最後のSAN ISIDRO LABRADOR(農業の豊作を祝う祭り)のPASEOがSAN FRANCISCO COAXUSCOにて行われた。

_MG_4579_edited.JPG

去年も行ったんだが、前日からの体調不良もあり、当日現地に到着したもののすぐに体調が怪しくなり トイレを探すも

日曜日でお店も閉まっている

お店が開いていてもトイレが使わせてくれる店はなく 仕方なくゆっくり歩きながらトルーカのバスターミナルまで冷や汗をかきながら必死になって歩いたのを覚えている。

このSAN FRANCISCO COAXUSCOはトルーカの中心地にも比較的近い場所であるため工場、車の会社、大きな看板が目立つ場所で

SAN BARTOLOMEとは違い

非常に撮影するうえで邪魔なものが多々ある場所である。

例えば、電線、電信棒、看板など。 

農業の豊作を祈願する祭りであるにもかかわらず

一般道路をトラクターが列をなし、ダンスグループを従え

ボリューム最大限にしゆっくりと進む。

工業化が進みつつも依然としてこのお祭りが存在している点は面白い点である。

さらにいえば、老若男女が参加しているのだがおととし、去年より若年層の参加が多く

このお祭りの意味を根底から覆しつつある。

30人以上からなるグループが

最近の流行の音楽を大ボリュームで2,3列縦隊で踊り歩く。 衣装もかわいらしいミッキーマウスなど 農業と全く関係のないものを持ち込んでいる。 これは、よくも悪くもでもあるが若年層が参加することでこのような伝統を継続、継承していくことが出来る反面、農業とは関係なく自分をパフォーマンスしたいだけに利用しているだけになってしまっているのは危惧している。

個人的な意見を言えば、昔ながらの伝統に沿った民族衣装を身に纏い、この祭りに参加し

やる意味を明確にしていくのが

ベストではないかと思う。

しかし、この点は価値観が違うため(古い=ダサい)

違った意味を持った祭りへと

変貌するのではないかと

来年も参加し確かめてみていきたい。

_MG_4606_edited.JPG


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから

最近、母国での戦争状態から逃れるため ウクライナ人家族が避難民として日本へ来日し ボランティアを含め様々な団体や自治体を通じて 避難民を受け入れているニュースを見て 素晴らしい事だと思うとともに違和感が芽生えてきた のも正直な感想である。 その理由としては、「公平」「公正」ではなく 受け入れに明確な基準があるわけでもなく 先進国としての受け入れているというパフォーマンス でしかないと捉えることが出