top of page
  • skcovita5884

セバスティアン サルガド

更新日:2021年10月10日

初めて、セバスティアンサルガドの写真を見て感じたことは、

僕のバイオグラフィーに記載されている 

「たった一枚の写真でも、社会を変えることが出来る」を

表現している作品ではないか? 


彼の作品や彼の人生を示した映画「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」

を鑑賞したが、やはり大自然の保全や復元に尽力する環境活動家でもある

神の眼を持つと言われ一枚一枚の構図が写真として画の凄みを増している。





最新記事

すべて表示

「存在意義」

彼女との時間で生じていた「笑い」を懐かしく思う日々を今過ごしている。 たった10日間であったが、年末年始の時期にメキシコに足を運んでくれた奥さん 僕の業務上、ホテルに缶詰め状態ではあったものの二人でいれる時間を楽しく 過ごすことが出来たと僕は感じている。 今、住んでいる都市から一番近いリゾート地であるイスタパへ遊びに行ったり メキシコシティにてマリアッチやルチャリブレを観戦したりと 一緒に居れる時

bottom of page