top of page
  • skcovita5884

西野亮廣の最新刊「夢と金」

西野亮廣の最新刊「夢と金」について要約し、著者が最も伝えたいことを3個示してくださいとBingAIに伝えたところ、下記の回答がありました。


「夢と金」は、2023年4月に幻冬舎から出版された西野亮廣のビジネス書である。

この本は、絵本作家や映画総指揮など多彩な活動を展開する西野亮廣が、自らの経験や考えをもとに、「夢」と「お金」の関係について語る本である。


この本の要約と著者が最も伝えたいことは以下の通りである。


1.「夢か?金か?」という議論は寝言であり、無意味である。

  「夢」と「お金」は相反関係ではなく、相補関係である。

  夢を叶えるためにはお金が必要であり、お金を稼ぐためには夢が必要である。


2. 「お金の話をするな。はしたない」という言葉は、自殺や犯罪の後押しであり、

   夢を殺す作業である。

   日本の自殺率や自殺の原因や犯罪の動機を見れば、それがいかに畜生道に落ちた

   言葉であるかが分かる。


3. 希望を持つためには、夢を語り、「お金」を学ぶ必要がある。

  子供はもちろん、子供に背中を見せなければいけない大人もだ。

  夢を語ることで自分の価値観や目標を明確にし、自分らしさを表現することができる。  

  お金を学ぶことで自分の可能性を広げることができる。



本書では、西野亮廣が自らの経験や考えをもとに、お金を稼ぐために必要なことや、

お金を稼ぐために役立つ具体的な手法について語っています。¹


お金を稼ぐために必要なこととして、本書では以下のようなことが挙げられています。


富裕層の生態を理解する

富裕層はお金を使うことで社会貢献したいと考えており、高額なVIP席やNFTなどのサービスに対しても積極的に支払う。そのお金はサービス提供者に還元されるだけでなく、低価格席や無料公開などの形で一般利用者にも還元される。富裕層を押さえることで、自分のサービスの価値を高めることができる。


自分の夢や目標を明確にする

自分が何をしたいのか、何が得意なのか、何が好きなのかを自分で語ることで、自分の価値観や目標を明確にし、自分らしさを表現することができる。自分の夢や目標に合わせて、自分に必要なお金や時間や人脈を計画的に確保することができる。


お金を稼ぐために役立つ具体的な手法として、本書では以下のようなことが挙げられています。


クラウドファンディング

クラウドファンディングは、インターネット上で自分のプロジェクトやアイデアに賛同する人から資金を集める仕組みである。クラウドファンディングを利用することで、自分の夢や目標に必要な資金を確保することができるだけでなく、プロジェクトやアイデアに興味を持つ人たちとコミュニティを形成することができる。西野亮廣は絵本『えんとつ町のプペル』や映画『えんとつ町のプペル』などの制作費用をクラウドファンディングで集めた。


NFT

NFTは、Non-Fungible Token(非代替性トークン)の略で、ブロックチェーン技術を用いて作品やコンテンツの所有権や真正性を証明する仕組みである。NFTを利用することで、作品やコンテンツの価値を高めることができるだけでなく、作品やコンテンツの流通や売買に関する収益も得ることができる。西野亮廣は『えんとつ町』シリーズから派生したNFT作品『プペル・ザ・ムービー』や『プペル・ザ・ミュージカル』などを発表し、2022年10月31日にNFT取引量世界一を記録した。


足を使う

足を使うというのは、自ら現場に出向いてサービスや商品を提供したり宣伝したりすることである。足を使うことで、顧客や利用者と直接コミュニケーションすることができるだけでなく、インパクトや話題性も高まる。西野亮廣は『夢と金』の発売前に50冊以上まとめ買いした人たちのもとに直接本を届けたり一緒にBBQを楽しんだりした。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page