top of page
  • skcovita5884

抗議はするべきか?

ワールドカップが始まり、日本代表が強豪国ドイツやスペインに勝ったことで

日本代表の活躍が日本中で話題になっている。

それと同時にドイツ代表が試合前に見せた抗議を示す口を塞ぐポーズを

取ったことがメディアで取り出された。



今回のワールドカップ開催国カタールにおける人権に対する様々な問題(労働者の劣悪な作業環境により死亡したとされる人数3500名にも上る、LGBT+Qに対する対応、女性に対する人権)に対しての抗議をドイツ代表は示す形となった。 しかし、FIFA側は

抗議を行った国や選手には罰則を課すと脅しとも言える開催国カタールへ配慮した格好となる対応を取った。


今回、授業ではこのテーマを基に「スポーツイベントでの抗議は禁止すべき? あり?か なし?」を議論することになり、私個人としては「禁止すべきではない立場」であること

を示した。理由として、中東だけでなくその他の多くの国で基本的人権の尊重がない、または表現の自由が保たれていない国がある。それらの国に住む人々にとっては、抗議することは命に関わる非常に大きな問題であるがゆえに世間または世界へ現状を知ってもらいたく

行う行為であるため、注目を集めるスポーツイベント、特にオリンピックやワールドカップなどは利用したいイベントである。 勿論、抗議では国や人物を特定できるような名指しして抗議しないことを前提にして抗議はあるべきかと考える。

しかし、抗議の仕方を変えて試みるべきではないかと考える。

例えば、今回のワールドカップでは現状を世界に知ってもらう良い機会であるため、

それを利用し「広告、宣伝枠」をFIFA側が提供するというのはどうなのか?

例として、1文字1000ドル として募る。 宣伝をどこに示すのかなどを規格を明確にして

抗議内容を世間に知らせることが出来るようにする。 


少なくとも、抗議する方らが逮捕されたり、自国で暗殺されたりするような出来事が起こるよりもコストはかかるが平和的ではないか。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

西野亮廣の最新刊「夢と金」について要約し、著者が最も伝えたいことを3個示してくださいとBingAIに伝えたところ、下記の回答がありました。 「夢と金」は、2023年4月に幻冬舎から出版された西野亮廣のビジネス書である。 この本は、絵本作家や映画総指揮など多彩な活動を展開する西野亮廣が、自らの経験や考えをもとに、「夢」と「お金」の関係について語る本である。 この本の要約と著者が最も伝えたいことは以下

メキシコへ行く前に歯の治療だけでもと思い、急遽近くの歯科医院へ 行った。 同い年ぐらいだろうと見受けられる先生に担当してもらい レントゲンを撮り虫歯の有無や歯の状態を確認した結果、 親知らずに虫歯があること、以前根管治療した箇所が原因で ばい菌が発生している可能性があるという事を伝えられた。 問題は、以前根管治療した箇所(被せものが付けられている)を もう一度その被せもの(銀歯)を取り除いて、バイ

有休消化に入り1週間が経ち、今後のやるべきことを少しずつ 明確に記して実行に移している。 そんな中、離職票がそんなに必要な書類であることを全く理解していなかった ことを自分で恥じるべき事であった。 退職する旨を総務に伝えた際に、確認事項として離職票は要らないよね?っと 問われ、全く深く考えず、言っている意味すら理解していないながらも 要らないですと答えてしまっていた。 当然、その言葉を聞いた担当者

bottom of page