• skcovita5884

噛みたかった。

名古屋在住の身としては、名古屋が全国区として名が知れたことは

広告塔としての役割を果たしたのではないか?っと個人的に思っている。 

勿論、今回の件は非常にネガティブなニュースにより知名度がグンっと

上がってしまったことは否めまない。


自身の政治生命に泥を塗る形となってしまった河村名古屋市長。

ただ単に羨ましく、あの有名なパフォーマンスを行ってみたかった

んやろうなあ?って思うのだが、あのパフォーマンスはメダルを勝ち取った

選手のみ(もしくは選手の家族)が出来る特権である。


単純に、人のものを相手の了承なしに口に物を運ぶということが

礼儀や社会人としてのマナーとしては行ってはいけない事である。

さらに、このご時世、感染防止を掲げているのにも拘わらず

その音頭をとる市長がこのような行動をとること自体、情報や倫理観、

情報感度のアップロードが出来ていない証拠である。

自分が通ってきた価値観や倫理観に大きな差が出てきていることを理解していない

高齢者が多いのかもしれない。これは、高齢者が悪いわけでもなく育ってきた環境や

倫理観、常識といった目に見えにくい判断基準のズレが世代間で表面化していること。

そのズレに気付かない人が多いの実情だろう。

僕自身も注意して行動しないと、河村市長のようなドン引きされる行動を良かれと

思ってしてしまう可能性は十分にある。

様々な考えや年代の方と対話を通じて、その年代なりの考え方や常識を教わっていく

必要性があると個人的に思う。


さあ、噛み癖がある市長ではあるが、今後どんな市を運営していくのだろうか

期待の目を持って観察していきたい。ただ、今回の事で弱気にならず

犬猿の仲である愛知県大村知事には噛み続けてほしいわ。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから