top of page
  • skcovita5884

完敗。

「完敗」。

これに尽きる。


プレーヤーとして何度も負けてきたけど、コーチや監督という立場で試合に負けると

かなり感じ方に違いがあることを理解した。

プレーヤーの場合は本人が体感、体験し相手との力の差を感じることで、戦いながらも

若干諦めに似た感情や感覚を抱いたり、現実を前向きに捉えることが出来たりする。


しかし、コーチや監督という立場では、先ず選手が全力で力を出し切れたのか

出し切れる準備、試合へ臨む気持ちや体調に問題はなかったのか? 

チームの雰囲気などを考慮し見直す点が多々あることに気づくが、結果としては

気づくのが遅すぎる。

選手自身が勝ちを掴む努力をする、し続けることは勿論であるが、戦える環境をチーム内で整え提供できるかがチームを運営するものとして非常に大事になってくる。

また、選手自身はアマチュアであり、家族や子供もおりそれぞれの諸事情により、

メンバーが揃わない中で今回試合に臨むことになった。 


しかしながら、結果からすると環境うんぬんではなく、また人数でもなく、

立ち向かう気持ちや姿勢ではないかとコーチとして参加し感じたことである。

人数が少ない中、倒れるぐらい全力でプレーしたのか? または、自分の出来るプレーを

チャレンジしたのか? やりきったのか? 客観的に見ても、彼女らのプレーには

その点が見受けられなかったのが残念である。


とはいえ、今後も試合は続くので次回までに前向きな姿勢、気持ちを取り戻し

全力で試合に向かって準備できればと思う。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワールドカップが始まり、日本代表が強豪国ドイツやスペインに勝ったことで 日本代表の活躍が日本中で話題になっている。 それと同時にドイツ代表が試合前に見せた抗議を示す口を塞ぐポーズを 取ったことがメディアで取り出された。 今回のワールドカップ開催国カタールにおける人権に対する様々な問題(労働者の劣悪な作業環境により死亡したとされる人数3500名にも上る、LGBT+Qに対する対応、女性に対する人権)に

bottom of page