• skcovita5884

コーチとして


そのスポーツはフットサルであり、チームも女子チームである。

以前、メキシコに行く直前までは、また現在のようにプロリーグがなく

アマチュアチームがしのぎを削って目指した全国フットサル選手権大会へ

の出場を本格的に目指していたチームに所属していたこともあり

多少なりとも戦術や練習メニューなどに知識はあったものの

いざ、始めてみると戸惑うことばかりで、練習の意図をどのように

伝えるか、言語化できているのか? また、各メニューに対して

興味を失わないように途切れなくスムーズに練習を進めることの

難しさを感じている。


そんな中、知り合ってから20年以上の関係がある女性が

監督として名古屋オーシャンズレディースU-15 を率いており、

そのチームと組み合わせ上戦うこととなり、チームとしてレベル

の高い低いはあるがどこまで通用するのかを確かめることが出来た。


やっぱり、「見る」「走る」「蹴る止める」の3つの部分のうち

「見る」という部分が週2,3回練習しているチームでも

意識的にトレーニングに取り入れないと「見る」という点は

伸びないなっと感じたのが正直なところである。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

PLAN 75

自分の考えを人前で話すことを極端に避けてきた僕にとって 考えや思いを嚙み砕いて話し伝えることの難しさを今更ながら 感じている。 フットサルという競技経験もあることから、練習を見てほしいと 言われて説明する時ほど、どのように伝えることが一番理解してもらい 意味のある練習へと変貌させることが出来るのかと考えさせられる。 言葉の定義、声のトーン、平易な言葉の選択など、さらに 自信や態度が非常に大事である