top of page
  • skcovita5884

コーチとして


そのスポーツはフットサルであり、チームも女子チームである。

以前、メキシコに行く直前までは、また現在のようにプロリーグがなく

アマチュアチームがしのぎを削って目指した全国フットサル選手権大会へ

の出場を本格的に目指していたチームに所属していたこともあり

多少なりとも戦術や練習メニューなどに知識はあったものの

いざ、始めてみると戸惑うことばかりで、練習の意図をどのように

伝えるか、言語化できているのか? また、各メニューに対して

興味を失わないように途切れなくスムーズに練習を進めることの

難しさを感じている。


そんな中、知り合ってから20年以上の関係がある女性が

監督として名古屋オーシャンズレディースU-15 を率いており、

そのチームと組み合わせ上戦うこととなり、チームとしてレベル

の高い低いはあるがどこまで通用するのかを確かめることが出来た。


やっぱり、「見る」「走る」「蹴る止める」の3つの部分のうち

「見る」という部分が週2,3回練習しているチームでも

意識的にトレーニングに取り入れないと「見る」という点は

伸びないなっと感じたのが正直なところである。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「存在意義」

彼女との時間で生じていた「笑い」を懐かしく思う日々を今過ごしている。 たった10日間であったが、年末年始の時期にメキシコに足を運んでくれた奥さん 僕の業務上、ホテルに缶詰め状態ではあったものの二人でいれる時間を楽しく 過ごすことが出来たと僕は感じている。 今、住んでいる都市から一番近いリゾート地であるイスタパへ遊びに行ったり メキシコシティにてマリアッチやルチャリブレを観戦したりと 一緒に居れる時

bottom of page