top of page

アレグリア にほんのお祭りVol. 13




「宇出津あばれ祭」


宇出津あばれ祭は、石川県無形民俗文化財となっている勇壮な祭りで、この祭りを皮切りに能登のあちこちで夏祭りが始まる。

350年前、当地に悪病が流行し、京都の祇園社から牛頭天王を招請して盛大な祭礼を始めたところ、神霊と化した青蜂が悪疫病者を救いました。

喜んだ地元住民の人は、キリコを担いで八坂神社へ詣でたのが始まりとされており、

高さ7m、40数本の奉燈(キリコ)が大松明の火粉の中を乱舞し、2基の御輿を海や川、

火の中に投げ込んで暴れる勇壮な祭りである。



#KINDLE出版




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page