• skcovita5884

アレグリア にほんのお祭りVol. 10


「唐津くんち」


https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%81%AB%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%A5%AD%E3%82%8A-Vol-10-%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%9B%86-%E5%B0%8F%E6%9E%97-%E8%AA%A0%E4%B8%80-ebook/dp/B09Z1ZY3FD/ref=sr_1_5?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2H90QNCSPOQEL&keywords=%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A2+%E3%81%AB%E3%81%BB%E3%82%93&qid=1656225775&sprefix=%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A2+%E3%81%AB%E3%81%BB%E3%82%93%2Caps%2C256&sr=8-5


佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭であり、「乾漆」という技法で製作された巨大な曳山(ひきやま)が笛、太鼓、鐘の囃子(はやし)にあわせた曳き子たちの

「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに唐津市内の旧城下町を巡行する。


「乾漆」という製法は、粘土で型を取ったのち、その上から良質な和紙を200枚くらい張り重ねて厚みを増してから中の粘土を取り外す。和紙の上から漆を塗り、下地を7,8回

塗ってから、中塗り、上塗りを重ね、さらにその上に金箔や銀箔を施して仕上げている。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示