• Seiichi Kobayashi

どうなることやら

先週に引き続き南山大学大学オープンカレッジの

スペイン語上級者講座に参加した。 毎回参加者が持参して

くるニュースについて要約して自分の意見を述べる。


そして、今回持参したテーマは「東京オリンピックは開催すべきか?」である。

ニュース自体はオリンピック中止を呼び掛けるキャンペーンがネットで今週の木曜日

に開始され、2日たった現時点で21万の中止支持が集まっているというシンプルな

ニュース。 


今回は、このニュースを反映して今回の議論のテーマは、2点であった。

1:東京オリンピックを開催すべきか?

2:ワクチン接種の日程に関して適切なのか? 


参加者からはネガティブな意見がやはり多かった。 

この状況下でオリンピック自体を開催することに疑問視するのは理解できる。

そして、いつまで引っ張るのか?と感じてしまう。

選手やコーチ陣さらに医療ボランティアの方、ホテルなど様々な関係者に

とって早く決断してほしいと思っているはず。 

ぶっちゃけ、もう現時点で発表していなければいけないはず。


あくまで開催する方向で進めるなら、ワクチン接種と一緒に進めるべきでなかったのか?

後手後手に回っているように見える政府の政策や対応について心証は物凄く悪い。

さらに言えば、メディアのネガティブな報道により国民が刷り込まれているのも事実だろう。


ワクチン接種のガイドラインや方法において、ネガティブな意見があるのだが、

この点に関しては、致し方ない部分もあるのは否めない。

先ずは、ワクチン自体の供給数量の制限と結果的に感染者数の多かった欧米を優先となっている点である。 世界全体を見渡すと壊滅的に大きなダメージを受けた国を中心に

ワクチンを与えるのは一定の理解が出来る。 もし、現時点でワクチンを受けたいのであれば、中国製ワクチンを承認することではないだろうか。 ただ、ここで中国の協力を得るのは、政治的に今後影響を受けるだろう。それを避けたい意向もあるためファイザー、モデルナ製のワクチンに限っているのではないか? 


僕個人の意見としては、開催することを前提に2021年夏に開催するのは避けて

2024年に移行できないのか? を再検討してみてほしい。というのが意見である。

さて、どうなることやら?


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年から楽しみに講演をオンラインで見て聞いているのが Climbers (クライマーズ)。様々な著名人や経営者などが 登壇しテーマに沿ったスピーチを行う講演会である。 今回も5月13日から15日の3日間で20名近くの著名人が 登壇されて今回のテーマ「乗り越える」に沿ったスピーチを 行った中で注目していた方が登壇されたので、そのスピーチに 耳を傾けた。 それは、ホリエモンこと堀江貴文さん。 人生を豊

ふと、とあるフレーズが頭によぎる 「あと何回このような旅行ができるのか?」 世間一般の行事の進め方を厳密にしてこなかった 僕の家族は父親の墓参りと一緒にセットにして 家族での旅行をすること去年から始めた。 今までは、墓参りしてお昼ごはんを一緒に 墓地の近くにあるレストランでとることが 慣例であったが、わざわざ遠出するなら 一泊して墓参りした後に家族で旅行するのは どうだろう?という案が出たことから