• Seiichi Kobayashi

どうなることやら

先週に引き続き南山大学大学オープンカレッジの

スペイン語上級者講座に参加した。 毎回参加者が持参して

くるニュースについて要約して自分の意見を述べる。


そして、今回持参したテーマは「東京オリンピックは開催すべきか?」である。

ニュース自体はオリンピック中止を呼び掛けるキャンペーンがネットで今週の木曜日

に開始され、2日たった現時点で21万の中止支持が集まっているというシンプルな

ニュース。 


今回は、このニュースを反映して今回の議論のテーマは、2点であった。

1:東京オリンピックを開催すべきか?

2:ワクチン接種の日程に関して適切なのか? 


参加者からはネガティブな意見がやはり多かった。 

この状況下でオリンピック自体を開催することに疑問視するのは理解できる。

そして、いつまで引っ張るのか?と感じてしまう。

選手やコーチ陣さらに医療ボランティアの方、ホテルなど様々な関係者に

とって早く決断してほしいと思っているはず。 

ぶっちゃけ、もう現時点で発表していなければいけないはず。


あくまで開催する方向で進めるなら、ワクチン接種と一緒に進めるべきでなかったのか?

後手後手に回っているように見える政府の政策や対応について心証は物凄く悪い。

さらに言えば、メディアのネガティブな報道により国民が刷り込まれているのも事実だろう。


ワクチン接種のガイドラインや方法において、ネガティブな意見があるのだが、

この点に関しては、致し方ない部分もあるのは否めない。

先ずは、ワクチン自体の供給数量の制限と結果的に感染者数の多かった欧米を優先となっている点である。 世界全体を見渡すと壊滅的に大きなダメージを受けた国を中心に

ワクチンを与えるのは一定の理解が出来る。 もし、現時点でワクチンを受けたいのであれば、中国製ワクチンを承認することではないだろうか。 ただ、ここで中国の協力を得るのは、政治的に今後影響を受けるだろう。それを避けたい意向もあるためファイザー、モデルナ製のワクチンに限っているのではないか? 


僕個人の意見としては、開催することを前提に2021年夏に開催するのは避けて

2024年に移行できないのか? を再検討してみてほしい。というのが意見である。

さて、どうなることやら?


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Una Cifra Significativa 不名誉な数値

日本では、児童(高校生まで)の自殺数が2020年度の1年間で415人という不名誉な数字を 叩きだしてしまった。理由は様々であるが2019年度の1年間と比較すると100人も多く コロナによる家庭環境の変化、親の経済状況の変化などが大きく影響しているとみられ、 それと同時にSNSによる陰湿なイジメなどもその要因のひとつであると考えられる。 さらに、30日以上にも及ぶ不登校をしている児童数も19万人にも

人間として

人間として 2007-01-30 19:48:36 テーマ:ブログ 仕事帰り地下鉄で帰る最中での出来事である ある駅で車椅子に乗ったお年寄りを妻である方が電車に乗ろうと後ろから押している だが、段差でタイヤがなかなか動かない それを、僕を含めて電車の中からその様子を見ていた が、誰も助けようとせず 我関せずみたいに座席に座っている 見かねた車掌さんが後ろから力強く押して何とか中に入れたんだけど