top of page
  • skcovita5884

「存在意義」

彼女との時間で生じていた「笑い」を懐かしく思う日々を今過ごしている。


たった10日間であったが、年末年始の時期にメキシコに足を運んでくれた奥さん

僕の業務上、ホテルに缶詰め状態ではあったものの二人でいれる時間を楽しく

過ごすことが出来たと僕は感じている。

今、住んでいる都市から一番近いリゾート地であるイスタパへ遊びに行ったり

メキシコシティにてマリアッチやルチャリブレを観戦したりと

一緒に居れる時間が限られている中で楽しめたのではないかと。


「存在意義」っていうものを強く感じた10日間であった。


「奥さん」「家族」「時間」という存在意義を感じ、考えた10日間であった。





閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page